Sustainable Development with BIOMASS TECHNOLOGY

持続可能なバイオマスプラスチック時代に突入。

地球環境と調和した「持続可能」「循環型」をキーワードとし、いま産業に大きなうねりが起きています。
中でも、私たちの生活に、産業に、不可欠なプラスチックを循環可能資源から創り出す『バイオマスプラスチック』(バイオマスプラ・バイオプラ)の利用拡大は、バイオケミストリーの技術進歩とともに重要な課題となっており、「バイオテクノロジー戦略大綱」では、2020年には現行0.1%程度と想定されるバイオマスプラスチック市場を20%まで拡大する政策目標が掲げられているほどです。

極端な石油依存からの脱却。

国際エネルギー機関(IEA)が2010年に、とうとう石油ピークを認めました。
石油ピークが過ぎると次に来るのはエネルギー源の価格高騰と供給量を確保できないことから来る政情不安です。
大量に消費される石油由来のプラスチックをバイオマス資源によって生産できれば、化石資源の消費の削減が図れます。

カーボンニュートラルで温暖化防止につなげるバイオマスプラスチック。

元来地球上にある植物を原料とするため、地上の二酸化炭素の増減に影響を与えない、「カーボンニュートラル」の性質を持っているバイオマスプラスチック。 国内で消費されている石油由来プラスチック年間1400万トンを全てバイオマス由来に転換すると、4400万トンのCO2削減につながります。

会社概要

商号 株式会社バイオマステクノロジー
設立 2007年5月18日
資本金 9,000万円
代表取締役 神谷 雄仁
所在地 <東京本社>
〒112-0002 東京都文京区小石川2-5-7 小石川佐佐木ビルB棟1階
TEL 03-6240-0519 FAX 03-6240-0539
<九州事業準備室>
〒867-0035 熊本県水俣市月浦54番地110
<熊本資源米供給センター>
〒869-2302 熊本県阿蘇市三久保216-33
URL http://www.biomass-technology.jp/
事業内容
  1. バイオマスプラスチック原料の販売
    最新技術による低価格のバイオマスプラスチック「BTペレット」の供給販売
  2. バイオマスプラスチック製品の販売
    バイオマスプラスチック「BTペレット」を使用した製品の販売
  3. 有機資源の樹脂化研究受託
    バイオマスプラスチック「BTペレット」の原料である有機資源の樹脂化の研究受託
  4. バイオマスプラスチックの普及
    バイオマスプラスチックペレットの製造プラント設計、監理、販売

沿革

平成19年 5月 株式会社バイオマステクノロジー創立 資本金4,000万
平成19年12月 ISO 9000 取得
平成20年12月 東京都経営革新計画取得
第三者割当新株発行により増資 資本金7,000万
平成21年10月 「バイオマス樹脂用途開発・製造設備の設置販売事業」
(公財)東京都中小企業振興公社 事業可能性評価 評価事業
平成22年10月 農水省「緑と水の革命プロジェクト」調査事業受託
平成23年10月 同事業/九州実証事業受託
第三者割当新株発行により増資 資本金9,000万
平成28年10月 本社を東京都文京区小石川へ移転

シンボルマーク

株式会社バイオマステクノロジー コーポレートアイデンティティ 葉のカタチは自然を表し、丸い容器と水はエネルギーが溜まった様子を表しています。
自然界からエネルギーを産出する事業をシンボルとして表現しました。